長期投資をリスク少なく行なっていくために

10 12月 2014

長期投資をリスク少なく行なっていくというのは、理想的な投資であると言えるでしょう。 基本的に長期投資は、リスクが少ないといわれることが多いですが、無理な投資をしてしまえば当然大きなデメリットを発生させてしまうものです。そうなれば利益はまず期待できなくなってしまうでしょう。利益が期待できない投資というのは極端なことを言ってしまうと、投資をする意味がなくなってしまいます。 損失が大きくなる投資というのは非常に大きなデメリットがあるもので、有意義なお金の使い方ができなくなってしまいます。リスク分散や、投資方法などを工夫して、リスクを少なくしていくと良いと言われています。長期投資は比較的そのようなことがしやすい傾向があります。長期投資であると、一時期損失が出てきてしまっても、軌道修正をしてそれを徐々にプラスに持っていくことは可能であると言えます。 短期投資であると軌道修正が難しくなるため、おすすめできないと考えている人もいることになります。ただ、軌道修正も決して楽ではなく、方法を間違えてしまうと逆に大きな損失を見せてしまうこともあります。長期投資は戦略が重要になることも多く、その戦略をどのようにしていくかでその結果が変わっていくと言えます。

[full story]

変額年金のしくみとメリット

2 12月 2014

金融機関に資産運用の相談をした際に変額年金を奨められた経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?変額年金は毎年複雑な仕組みの商品が発売され、その違いも様々です。細かい部分の違いまで把握しようと思うとかなりの労力は必要ですが、基本的な仕組みだけでも覚えておくと良いでしょう。 変額年金は基本的には毎月コツコツと保険料を積立てておいて、満期を迎えた時に年金という形で保険金を受け取ることができる保険商品です。しかし、この積立てた保険料は保険会社が運用することになり、その運用結果によって受け取る年金額が変動する仕組みになっています。運用がうまくいけば受け取る年金額は増えますが、運用がうまくいかなかった場合には受け取る年金額は元金を下回ることになります。(商品によっては元金は確保されたものもあります) 変額年金の類似商品で確定年金というものがあります。これは積立てた保険料を満期時に年金を受け取ることができるのは共通しているポイントですが、受け取る年金額は契約時にすでに決まっています。将来受け取れるお金が計算できる分、マネープランはたてやすいものの、利回りも少ないので大きく利益を得られるというものでもありませんので、その点は変額年金の方が有利です。

[full story]

資産形成の手段は数多い

9 11月 2014

資産形成について皆さんは考えたことがあるでしょうか? 毎月仕事で得たお金の内一部を貯蓄しているという人は多いかと思います。この積立預金というのも、立派な資産形成の一種だと考えられるでしょう。しかしながら、多くの人が行なっているから、あるいはリスクが少ないから、という理由だけで資産形成の方法を預金に限定してしまうのは少々早計だとも言えます。そこでここでは、貯金以外の資産形成について考えていきたいと思います。 貯金以外の方法として、積立保険を利用する、という方法があります。積立保険というのは終身保険や養老保険、学資保険のように、最終的には支払った保険料を受け取ることが出来る、という制度設計がされている保険のことをいいます。保険としての性能だけを考えると掛け捨て保険に劣りますが、資産形成に保険効果が付いていると考えれば悪くありません。 他にも、資産運用によって資産形成を目指すという方法もあります。例えば投資がその代表ということになるでしょう。投資というと難しいものであるというイメージが強く、なかなか実行に踏み切れない人も多いことでしょう。しかし、中にはリスクが少ない投資方法というのも多くありますから、やり方次第です。

[full story]

インフレを想定した資産運用のすすめ

4 11月 2014

長引く不況を脱却するためにあらゆる政策が投じられようとしていますが、その中の一つとしてインフレがあります。実はあまり日頃意識されることはありませんが、長い期間で見た時に物価は上昇傾向にあります。1970年に比べると消費者物価指数は3倍以上の上昇率となっているのです。日本は大量の国債を発行しておりますが、借金は増える一方です。国民一人ひとりの負担も大きくなっている今、将来的に物価の上昇は避けられません。 今、20代〜30代あたりの方はまだまだセカンドライフのことはイメージがつかないかもしれませんが、今、年金を受給されている方の中でも生活費が底をついてしまい、セカンドライフを楽しむどころか生活をするのもやっと、という方はたくさんいらっしゃいます。もしもインフレが加速してしまった場合、現在年金を受給されている方よりもたくさんの資産を残しておかないことには老後の生活がより苦しいものとなってしまいます。 将来的な安定のためにも、若いうちから資産運用をするなどして老後の準備をしている方も多くいらっしゃいます。ゆとりあるセカンドライフを楽しみたいと思うのであれば、将来の経済的リスクも想定した上での資産運用をおすすめします。

[full story]

投資リスクを減らす分散投資

27 10月 2014

満足できる資産をつくるには、高い利益を求めることにあるといってよいでしょう。しかし、高い利益を追求するようになるとリスクが高くなることが一般的といわれています。 たとえば、大きな利益を期待するには、投資といった方法で行なうことになることが多く、この方法では、投資失敗といったことがよくあります。投資は元金が保証できる預金とは違って元金の保証がありません。そのことから、投資で失敗すると、資金を失ってしまうようになるといわれています。 このような投資リスクを減らす方法として、いま分散投資といった方法が行われるようになっています。分散投資は、資産形成を分けて行なうため、投資のほかにも預金や株などを行なうといった人が多いとされています。 資産を分散することによって、もし投資で失敗したとしても預金などがありますので、すべての資産を失うことなく、資産形成を続けることができるようになるのです。預金と投資を行なう資産づくりでは、投資による大きな利益を期待しながらも、元金が保証された預金によって安心が得られるようになるといわれています。 今後は分散投資によって投資を行なうといったことが行われるようになるとされているようです。

[full story]

2013年4月以降の貯蓄保険のメリット

3 10月 2014

2013年4月に、多くの民間保険会社が保険料の値上げを行いました。保険料が上がったということで貯蓄保険に加入することのメリットがあるのかどうかを疑問に思う方も多くいらっしゃいますが、実際のところはどうなのでしょうか? まず、保険料の値上げがあった、ということは保険のコストパフォーマンスの低下が心配されます。確かに貯蓄保険に加入するということは利回りが気になるポイントですから、そのコストパフォーマンスが下がってしまっては、メリットがなくなるのではないかと思うことは何の不思議でもありません。しかし、保険料が上がったとはいえ、貯蓄型保険の利率を考えても、ほとんど利息のつかないと言われる定期預金に比べたらまだまだ利回りは良い商品と言えます。 また、そもそも貯蓄保険に入るということは保険会社を通じて貯金をするということになり、これがもっとも大きなメリットになります。保険会社に積み立てることによって自分の資産を守ってもらうことになりますが、そもそも貯蓄の必要性がなくなるということはありません。ある程度の利回りが計算できて、安心して長期でお金を預けられると言う意味ではまだまだ利用価値が高い保険商品と言えます。

[full story]